ゼロシステム

CASE ZERO Pulcer ZERO Pulcer導入事例

地方独立行政法人
市立東大阪医療センター様

住所 :東大阪市西岩田3丁目4番5号
病床数:547床

褥瘡管理者様の声
大手メーカーのパック化されたシステムは、現場で働くスタッフにはリスクアセスメントスケール評価やDESIGN評価など簡単に行えるようには設定されています。しかし、褥瘡管理者として院内全体の褥瘡管理をするには、不自由を感じるところがありました。

褥瘡ハイリスク患者については、褥瘡管理者がラウンドをし、スクーニングから評価、修正までの経過をきちんと管理することが必要となります。そういった面でも、院内全体のリスク者のスクリーニングが適切に行え、かつ効率よく情報共有ができる管理システムであると思っています。
 ZEROPulcerは、現場スタッフ、褥瘡を管理する側、両者にとっても長けているシステムであると感じました。またコスト面でも負担軽減となり、今はこのシステムをより効率的に使いこなせるように浸透させている段階です。

RELATED ZERO Pulcer その他の導入事例

 市民総合医療センター様

公立大学法人横浜市立大学附属
市民総合医療センター様

大阪府済生会中津病院様

社会福祉法人恩賜財団
大阪府済生会中津病院様

厚生連高岡病院様

富山県厚生農業協同組合連合会
厚生連高岡病院様

市立東大阪医療センター様

地方独立行政法人
市立東大阪医療センター様

関西ろうさい病院様

独立行政法人 労働者健康安全機構
関西ろうさい病院様

馬場記念病院様

社会医療法人ペガサス
馬場記念病院様

札幌トロイカ病院様

社会医療法人 共栄会
札幌トロイカ病院様